FC2ブログ

ねこがまたたび。

にゃんこらぶ。ひたすら にゃんらぶ。

それでもやっぱり。

本日写真なし。

暗い、痛い、そんな話は読みたくないのって方は回避願います。




……道路の真ん中に、猫が横たわってた。

27日夕方。
仕事を終えて、職場の駐車場から出てすぐ。
片道二車線の道路の真ん中に、こちらに背中を向けて、猫が横たわっていた。


はねられたんだと
咄嗟に、車から膝掛けひっ掴んで飛び降りました。

行き来する車に踏まないでって合図を送って。
ここから一番近い動物病院の、休診日は何曜日だったかと考えながら。


でも、もう、ダメだったです。
お顔が潰れて目が飛び出して。
お尻からは腸?大便??
くたりとのびた体に、力が入っている様子はなくて。


でもね。
まだ温かかった。
生きてるんじゃないかと思ったくらい、まだ温かかったの。


膝掛けにくるんで、道の脇へ移動させて。
首輪、してない。
でも、綺麗なからだ。
細いのは痩せてるから?
それともはねられたから??

間違いなくこの春生まれだろう、生後半年になってなさそうな猫さんでした。
長いけど、まだ子猫らしさの残る、ぼそぼそ毛のしっぽのキジ猫さん。

ごめんねごめんねって、
それしか言えんかった。
結局、どうしていいか分からず、市の環境事業
課に電話したですよ
ウチの市、回収した子のマイクロチップとか、確認してくてるんのかな……


翌日、ご近所さん何人かに
「ねこ、探されてるおうち、ありませんか」って聞いたけど、芳しい返答はなく。
ほぼ100%
そんなの野良猫でしょー
この辺、ようおるもんね
迷惑してるのよー
という反応で。
でも、もしそんな話があったら教えて下さいねって頼むのが精一杯。


凹む。


迷惑なら、なんとかしようって思わんのかいな、とか。
あの子が倒れてる横を、いやぁね、みたいな顔してわんこ連れ散歩しとった女の人は、道の真ん中に倒れとるあの子をちょっと横に避けたげよとか思わんだのかとか。
そもそも跳ねたのどこのどいつやとか。
その後、何台も車行き来しとるやないかとか。


いや、自分も車運転しとる身ですからね。
はねたことは、もうしゃーないというか……。
避けられんですよ、飛び出してきたら。
猫だろうが人間だろうが。あっ、と思ってブレーキ踏んだかて間に合わん時は間に合わんのが車ですからね。そりゃ、分かります。
でも、その後は?
これが人間相手やったら轢き逃げですよ?
ねこやったらほっといていいの??

たまらん、凹む。


そして何より、自分に凹んだのさ。

今すぐ病院へと思ったはずなのに
ダメだって分かった瞬間ホッとした自分に吐きそうになった。


テン君の時、どろどろの下半身は酷い下痢のせいやと思って、それなりの治療費覚悟して、悩んで悩んで、里親さんに繋ぐまでに食費やワクチン代含めてこれくらいまでなら捻出できると算段までして保護したら、その三倍の手術代が掛かると言われて血の気が引いた。
到底、払える額と違った。

もし、この子が生きていて。
病院駆け込んだとして。
たぶん、ン十万単位の治療費が発生したり。
そんで生き延びても、予後がいいとは限らん。
今の私にはかなり無理があるに違いなくて。

ホッとした。
でも、生きていてほしかった。

どっちも本音。
どっちも、間違いなく本音。


生きていてほしかった。
亡くなっててホッとした。

吐き気覚える。
どっちも本音すぎて、吐き気がする。



帰宅して、ちーちゃん達撫でて撫でて撫でまくって。
いつも以上にひたすら遊んで、ごはん食べてもらって。

全く食欲なかったけど、こんな時こそ食わなアカンと思い直して。
冷凍してあった頂き物の牛ヒレ肉を解凍して、焼肉にして泣きながら食べた。
美味しかった。
ほんと、美味しかった。




いつか、すべての猫さんが。
ひもじい思いをせずに
愛し愛されて一生を過ごせる世の中になってほしいです。
きっと、大人になったら、すらりと綺麗な長い尻尾の持ち主になってただろうキジ猫さん。
同じような場面に遭遇した人のなかには、飼い主さんを探すためや、この子が生きていた証しにと、写真を撮られていたりするけれど。
ごめんね。私はそれが出来なかった。
ごめんね。


今日の記事、書きたくて書いたものだけど、ずっと残しておけるか自信ない。
読み返すのは辛い。
でも、書いておきたかったんです
ごめんなさい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する