FC2ブログ

ねこがまたたび。

にゃんこらぶ。ひたすら にゃんらぶ。

寒い日のねこ。

毛布に埋もれる珊瑚ちゃん(*^^*)


今年の寒さはちょっと酷すぎないですか??
まだウチのあたりでは、朝起きたらうっすら白い程度ですけど、雪も凄いことになってるみたいですし。

ほとんど同じように見えるけど、実は別の日の珊瑚ちゃん(笑)


すきま風吹き込むとは言え、エアコンも電気カーペットも湯たんぽもフル稼働の我が家でもこんなに寒いのに、お外のにゃんこさん達はどんなに大変な思いをしてるだろうね……

フリースに潜り込んだちーちゃん(*^^*)


母は、あんたは過保護だと言う。
猫にそこまでせんでいいやないのと。
何もしなくても寒かったらくっついて寝るわさと。
外の猫はそんなんなくても生きてるからと。


お母様、それは大きな、
ほんとに大きな間違いだと思います。

いや、過保護については認めてもいい。
本人的にはまだ足りない気分だけれど、ウチの子が寒さでぶるぶるしながら一日過ごすなんて考えられないから、これでもかって色々気を使ってるのは間違いないから(^^;

けれどね。
頼むから外の猫を基準にしてくれんな。
猫は基本寒がりで
ほこほこ暖かいのが大好きなのよ。
この大雪に大寒波。
お外の猫さん達が、どんなに生きることに必死か、ちょっとでも想像してやってくれよと、娘は思うのだよ……
安心して眠れて、お腹いっぱいごはん食べられて、寒い日もあたたかく過ごせる。
それを手に入れられないでいる猫さんがいるってことをさ……。


でも、もし南天君と珊瑚がくっついて寝てくれるなら、多少寒い方がいいかも?(^^;

ボクはほいほいベッドがあればいいにゃ(≡・x・≡)

さよですか(^^;


実際のところ、私は、猫は何がなんでも全にゃん室内飼いに! とまでは思ってないんですよ。
お外に生きる猫さんなりの生き方もあろうし、自由を愛する猫さんや、ニンゲンをとことん信用してない猫さんもいる訳だし、そこを全にゃん家に閉じ込めてほら幸せだろ! ってのは、申し訳ないけどニンゲンの傲慢だと思うのよ。

ただ、私は、私が責任を持つにゃんこに関しては、完全室内飼いでと思ってるのです。
これは譲れん。
そういう愛し方しか、私は出来へん。
見送ったその次、必ず会えるって確証のないような距離感でにゃんこを愛することが私には出来ない。

美味しいごはん用意するし、楽しんで過ごせるよう、カラカラ音がする頭を絞ってアレコレ工夫するからさ。
寒くないよう、暑くないよう、ひもじい思いをしないよう、色々頑張るからさ。
おうちで過ごそうよ。お外は行かないで。
それが私の愛し方なのです。
これもまた、私のエゴですが。悩んだり迷ったりしてたどり着いた、私の結論なんで。



ネコ好きなら知らぬ方はおらんだろうって有名写真家さんが、インタビュー記事で、室内飼いが増え、殺処分を減らそうと行われている地域猫活動について
「善し悪しを問うつもりはない。ずっと命を繋いできた猫にとって世知辛い世の中になったなと思う」というような事を言ってらしたが、全くその通りだと思います。

世知辛い=危険が多い、と私は解釈する。
ならば、せめてウチの子には、危険の少ない場所で過ごして欲しいのです。

善し悪しの判断を出来るほど、私は偉くないしよ。
猫嫌いさんと猫好きさん双方が、痛み分けで納得できる今現在の最善の方法が地域猫なのだろうとも思うし。
私はよう出来んとも思うが。

猫が迷惑者と決めたのもニンゲンやろ。
いつぞや猫のおしっこの臭いについて色々書いたけど、畑の肥溜めや汲み取り式トイレが主流やった時代に、猫トイレが臭いと思ってた人っていかほどおるんかなぁってのと一緒さな。
猫が外を歩き回って何軒かの家で別々の名前で呼ばれてたりするのが当然で、お魚くわえたドラネコさんが普通に町の風景だった頃、猫は今ほどワルモノやったんでしょうかね??



話は横にそれるが、この写真家さんについて
「有名な写真家さんだからこそ、外の猫の写真を公開してほしくない」というような意見を見かけたことがあるのですが、それは違うと思います。

猫好きだからこそ、お外で逞しく生きる猫の姿に心打たれ、殊更に愛しく思える。
写真家だからこそ、その姿を残したい、伝えたいと思うのではないかと。
あの方が野良猫こそが猫だと主張してるとか、外飼いや内外自由な暮らしこそが幸せだって言ってる訳ではないと思います。
命を繋ぐその姿を愛しく思うからこその説得力が、あの方の写真にはあると思います。

「生きる」という一面を切りとるとき、
その、激しくも愛しい生き様の一瞬一瞬が、お外の猫さんには凝縮されていて。
写真家が求める被写体として、お外の猫さんは大変魅力的な存在なのではないでしょうか?

………と、私は素人ながら思うのですが。
まぁ、想像ですけども。


珊瑚はお外生まれとは言え、お外暮らしのノウハウ知らん子。

この子がお外で生きていけるとは思えないです。
そして、私はそれを不幸だとは思わないのです。



*******
二月三日。

今年もサランラップでくるんだ豆を室内に撒いて(そして即回収・笑)

いわし丸干しと柊を玄関に。
一年、無事に過ごせますように(-人-)

ちなみに、ここ二、三十年ですっかり全国区の習慣になった感のある恵方巻きは、我が家では定着しませんでしたね(^-^;
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する