fc2ブログ

ねこがまたたび。

にゃんこらぶ。ひたすら にゃんらぶ。

通院 2023.04.08(別の病院)と04.15

さて8日は、保護時にとてもお世話になった病院へ。前回後半からの流れです。

念のため、朝どれしっことうんこ。
それからこれまでの血液検査結果や分かる限りの投薬内容をまとめたのを持参。

16822359240.jpeg
土曜朝ということもあり、小一時間で到着。診察開始10分くらいで到着したけど、もう8番目。先生おひとりで回してらっしゃるのにほんとたいへんだわ……(^^;


待ち時間に考える。
平日夕方は多分こんな交通量じゃないだろう。仕事終わって、一旦帰宅し、南天君をキャリーにいれて、この病院へ走るのは、どう考えても無理だ………(保護直後は南天君を事務所の端っこで保護してたから、仕事終わりにダッシュして診察時間ギリギリに駆け込むことができてた)

一刻を争うような、そんな状況になったらこの距離を泣きながら運転するんだぜ。
保護した時は、その信じられないようなボロボロさに『明日は冷たくなってるかもしれん……』と震えながらお世話していたけど、あの頃ならともかく、ウチノコにして何年も経った今の私にそれが耐えられるか??(一回目の三途のリバーサイド騒動の辛さはかなり堪えた)


16822361710.jpeg
体重三キロジャスト。一週間で200g減ってる。……マジか。

「痩せましたねぇ……」と先生。

これまでの経過をお話しし、血液検査の結果などを見てもらう。

投薬内容は定番を押さえてるし、胆管から直接細胞を採るのは、やはり現実的ではないだろうとのこと。内科的なアプローチを続けて、通院や検査のストレスとのバランスを上手く取り続けてやっていくしかないのではないか。
ここまで試行錯誤されてる先生に引き続き診てもらうのなら、僕が出来ることはないねぇ、という感じのところを、お願いしてエコーだけしてもらった。半年前に駆け込んだときにしてもらっただけだったので今どうなってるのか不安だった。

典型的胆管炎の症状で、肝臓にも縞模様が見えている。が、腫瘍のようなものは認められない、とのことでホッとしました。
しっこ持ってったけど、それも検査はしてもらってない。
会計、とてもお安くして頂いて、申し訳ないやらありがたいやら……(泣)

特別なナニかを期待していた訳ではないし、明るい展開を予想できた訳でもないのだが、今の治療の流れや、細胞診をチャレンジしないという選択はアリだと言ってもらえただけでとても気が楽になった。

テン君の命の恩人先生だから、生きてるうちに会っておいて欲しかったってのもあるかも………


16822360260.jpeg
お疲れさま。
ご褒美ちゅ~るをむさぼる(笑)





さて、15日。
粉薬が切れたタイミングでいつもの病院へ。
16822467800.jpeg
体重2キロ代に突入。
誰か嘘やと言ってくれという気分になる。
あたしの愛するもちもちちゃんが、電子レンジで温めすぎたお餅みたいにしぼしぼのペランペランやないか……(>_<)


先週、別の病院でエコーだけしてもらったことを伝えて診てもらう。
うんこは液便続き。毎日吐いてる。

おそらく三臓器炎の状態まで進行しているとの判断。
血液検査しても悪くなっている確認だけになるだろうってことで、血液検査もなし。
消化管系に効くという抗生剤はほぼ試し尽くしたので、今後は皮膚や歯がメインアプローチ系の抗生物質を試してみることになりました。消化促進剤も変更して、一括で粉薬にしてもらう。

ナンでもいいわ!とにかく当たってくれ!!!(;>人<;)
カプセル投薬のお陰で、多少の量の変化やら味なんか関係ねぇもん!!


今回、先生から「半年は無理かも」という言葉が出る。
これは余命宣告ってことか? そうなのか??

16822466870.jpeg
そんなことより、その手に持ってるおやつ寄越せよなテン君(;゜∀゜)



猫と暮らしている以上、ある種の覚悟は常に持っていたつもりだったが。つもりだけだったかあたし……… となっております


16822466000.jpeg
ご褒美ちゅ~るうまうま(=゚ω゚=)
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する